女性


目のメイクには一番時間をかけますよね!目は顔の中で一番目立つパーツであり、見た目の印象を左右する一番重要なパーツです。


そんな目の下にクマができてしまうと、メイクも決まらずイライラしてしまいます。

特に目の下に影のようにできる黒いクマは、老け見えの大きな原因になります。

この記事では、目の下に黒いクマができてしまう原因と治し方について、ご紹介していきたいと思います。

目の下の黒いクマの特徴と判別方法

そもそも目の下の黒いクマとはどんなクマを指すのでしょうか。

ご自身のクマ部分を指で軽く下に引っ張ってみましょう。

もし引っ張った時に影が薄くなるようであれば、それは「黒クマ」です。

黒クマは、
  1. 目の下が膨らんでいることによって黒い影ができている
  2. 目の下がくぼんでいることによって黒い影ができている
の場合の2種類にさらに分けることが出来ます。

2種類のどちらのタイプかは、目の下を細い棒などで軽く押した時にその部分の影や線が消える場合は①、蛍光灯などの光を顔に当てながら鏡を見た時に影が薄く見える場合は②、と見分けることができます。

したがって、他のクマと違い、皮膚自体が黒くなってしまっているわけではないのです。

スポンサーリンク


目の下に黒いクマができる原因

ではどうして目の下に黒いクマができてしまうのでしょうか。

一番の原因は加齢です。

年齢を重ねることで目元の涙袋がたるみ、それが影になってしまうことで黒いクマとなってしまうのです。


このたるみは、目の周りの筋力が低下したり、コラーゲンやヒアルロン酸など、お肌の弾力を支える成分が減少することで起こります。

このため、もともと目鼻立ちがはっきりしている人や涙袋が大きい人は、このたるみが目立ってしまうので、黒いクマができやすいのです。

さらに、涙袋が大きい人は目の下が膨らんでいる影響で、逆にその下の部分がくぼんで見えることで黒いクマが強調されてしまうのです。

また、目元のたるみと同様に頬もたるんでいる場合、その影響で目の下のふくらみが強調されてくぼみがてきてしまい、黒いクマとなってしまうこともあります。


関連記事:眉間の横しわは老けて見える!綺麗に消す方法と予防法を伝授!

どうしたら黒いクマを治せるの?

黒いクマを治すには、お肌のたるみを改善することが大切です。

すぐにできる効果的な方法をいくつかご紹介していきたいと思いますので、早速実践してみてください。

お肌の保湿

目の下の皮膚は顔の中でも一番薄く、お肌が乾燥すると一番影響を受ける部位です。

目の周り、特に涙袋のラインに小じわがある人はお肌が乾燥している証拠です。

お肌はとにかく保湿命!化粧水だけでなく、目の周りの保湿には専用のアイクリームなどを使って丁寧に保湿してあげるのがおすすめです。

また、加湿器などを使って、部屋の乾燥を避けることも忘れないようにしましょう。


関連記事:目のたるみを簡単に改善したい!即効で効果がある方法は?

目元をあたためる

目元の血行が悪いと、むくみによって黒いクマができやすくなってしまいます。

ホットタオルやホットアイマスクなどを使って、しっかりと目元をあたため、血行を良くしましょう。

血行が改善されることで目の周りの筋肉がほぐれ、むくみ改善に役立ちます。

スポンサーリンク


目元のマッサージ

アイクリームやオイルを使って目元のマッサージをすることも、目元の血行改善に有効です。

撫でるようにやさしく、目の周りをくるくるとマッサージしましょう。


また、目の周りのツボを軽く刺激してあげるのも効果的です。

ただし、力を入れすぎたり、皮膚を引っ張りすぎるのは逆効果!先ほどもご説明したとおり、目の下の皮膚はとても薄く、繊細です。

リラックスして力を抜いた状態でマッサージしてあげましょう。


関連記事:肌のターンオーバーが乱れる原因3つ!こんな症状に注意!

目の筋力を鍛える

目の筋力を鍛えることは、皮膚自体のたるみを根本的に解消するのに効果的です。

まずは、日ごろから、人と積極的に関わって表情豊かにすごし、顔全体の筋肉をたくさん動かしましょう。

また、目のストレッチを行うのも良いでしょう。


目をギュッ!と閉じたりカッ!と開いたりしてよく動かすことで、目元の筋力をきたえることができます。

目の筋力を鍛えることは、同時に目の血行改善にもつながり、黒いクマ改善にかなりの効果が期待できます。

是非毎日継続して行ってみてください。


いかがでしたか。

目の下の黒いクマは目立ちやすいですが、皮膚自体が黒くなってしまっているわけではないのでちょっと安心ですよね!頑張って改善していきましょう。

スポンサーリンク