女性


肌の色で悩むことはありますか?暑くなる季節は日焼けで肌の色が黒くなってしまうことを避けるために、日焼け対策をばっちり行い、周囲から見ると逆に危険な人に見える場合もあります。

単なる日焼けで肌色が黒くなっている場合は良いですが、元から肌色が黒いいわゆる「地黒」の人は、肌が白い人に強い憧れを抱く人は多いです。

ここでは、そんな地黒の人が少しでも肌を白くさせる方法をご紹介します。

美白は一日にしてならず…

美白の人は地黒に憧れるため、わざわざお金を出して日焼けサロンに行き、肌色を黒くする人がいます。

一方で地黒が嫌で肌を極力見せない努力をしたり、メイクでごまかす人も多くいます。

化粧品売り場で見かけるものは、多くが「美白」のための商品であり、「地黒」になるための商品は見かけません。

それだけ「美白」に対する意識が強いのでしょう。

そんな美白ですが、いろんな商品を試したけれど、なかなか地黒は改善されない!と悩んでいる人は多いです。

しかし、生まれつき肌の色が白い人以外で、地黒の人が短期間で色白になることはかなり困難です。

まさに「美白は一日にしてならず」根気よく美白のために心がけることが大切です。

スポンサーリンク


地黒を少しでも白くする方法

地黒の人が少しでも肌を白くする方法をご紹介します。

日焼け対策を念入りに行う

既に地黒だからもういい!と諦めていると、せっかくのチャンスが台無しです。

地黒でも、毎日徹底的に日焼け対策を行いましょう。

日焼け止めを塗るのはもちろんのこと、帽子やサングラスを着用し、出来るだけ長袖を着て、紫外線によるダメージを受けないよう心がけましょう。

ポイントは、天候や季節、時間帯に関係なく日焼け止め対策を行うことです。
  • 冬は紫外線が少ないから大丈夫
  • 早朝は紫外線量が少ない大丈夫
  • 雨の日は紫外線が少ないから大丈夫
こういった認識は絶対にNGです。

雨であっても冬でも早朝でも、いっそのこと夜も日焼け止め対策を行っていても問題ないかもしれません。

それだけ紫外線というのはいろいろなところから受けるので、とことん気を付けたいです。


関連記事:曇りの日に日焼け止めを忘れた!油断した場合のアフターケア!

トマトが美白に最強

美肌には主にビタミンCやビタミンEが効果的と言うのはご存知の人も多いです。

ビタミンは身体の免疫機能を高めるための手助けにもなりますから、一日の摂取量を十分に摂取したいです。

仮にビタミンを多く摂り過ぎても、多い分は尿となって排出されるだけですから問題ありません。

ビタミンを効率良く摂取すると思っても毎日レモンを食べるのは大変ですし、サプリもお金がかかります。

毎日食べられて、なおかつ美白効果に最強と言われるのがトマトなのです。

トマトに含まれるリコピンは美白効果抜群です。

トマトは生のままでも料理をしてもおいしく食べられる便利な食べ物ですから、積極的に食べたいです。

スポンサーリンク


洗顔は徹底的に行うこと

メイクの洗い忘れや洗い残しは、肌にいい影響がありません。

顔に付着したホコリやゴミ、汚れや皮脂などが毛穴に溜まったままだと、肌の状態が良くなくて、くすんでしまい、結果として肌色が黒くなったり悪い色になったりします。

美白効果のある化粧品や洗顔料などを使うのは大切ですが、一番大切なのはしっかり洗顔を行い、汚れなどを綺麗に洗い落とすことです。

そして、洗顔後は肌に合った化粧水などを使用し、肌の状態を良好に保ちましょう。

夜のリラックスタイム時に、ホットタオルを使用することで、気持ちもリラックスできますし、顔の毛穴が開いて綺麗に汚れが取れます。

ホットタオルは、水に濡らしたタオルをレンジで温めるだけで簡単にできますから、ぜひ取り入れたい方法です。

ホットタオルの使用時は、レンジで温めすぎないよう注意してください。

火事防止ややけど防止のため、レンジを使用している間は前から離れず、出来れば10秒単位くらいで温めながら様子を見ることが良いでしょう。


関連記事:美人に見える美肌を手に入れる!毎日続けられる習慣6つ!

睡眠をしっかりとる

睡眠不足は、肌環境にとっては重要です。

睡眠時に、身体は回復しますが、睡眠不足だと適切な回復が出来ません。

回復しないままにまた活動し始めると、どんどん肌はダメージを蓄積していきます。

それが肌環境の悪化につながり、肌色が黒くなってしまいます。

出来れば、睡眠時間をしっかり確保し、肌環境を整えてあげることが大切です。


関連記事:肌がきれいな人に多い共通点は睡眠!白雪姫みたいな美白の秘訣!

最後に

地黒を白くする方法は、案外どれも簡単なことです。

とても簡単なことですが、意外にできないことが非常に多いです。

忙しい毎日を送っている人が多いですが、ぜひ「自分の時間を大切にして、美肌を目指したいです。

スポンサーリンク