女性


鼻の横がザラザラする鮫肌が気になったことはありませんか。

ニキビのような吹き出物でなければ毛穴でもない、ザラザラとした感触で化粧ものりにくく、できることなら綺麗に治してしまいたいと思う人も多いはずです。


実はこの鮫肌は、多くの人が子供時代に経験する共通の悩みだったのです。


気付かない人も中にはいますが、その原因は遺伝や体質、外的ストレスによって古くなった角質が剥がれ落ちないで毛穴に詰まってしまうからで、歳を重ねるにつれて目立たなることもしばしばです。


毎日洗顔しているにも関わらず出てくるこの悩み、綺麗に消す方法についてまとめてみました。

今すぐ試したくなる方法で、ザラザラとした鮫肌ともおさらばしてしまいましょう。

しっかり保湿

保湿することで皮脂分泌を抑え、毛穴の広がりを防ぐことができます。

綺麗に洗顔した後は化粧水や保湿クリームでしっかりと肌に潤いを与えてください。しっとりとするくらいが理想です。


関連記事:鼻の横の黒い点々って単なる汚れ?気になる正体は?

正しい洗顔

自分ではしっかり洗顔しているつもりでも、古い角質や皮脂が取れきれていないことがあります。


洗顔をする際に気を付けることは、体温ぐらいのぬるいお湯で洗顔前にすすぎ、しっかりと泡立てた洗顔フォームで皮脂の多いTゾーンから優しく、手ではなく泡で洗うことを意識して摩擦のないよう洗います。


泡が残らないようにすすいだ後は清潔なタオルでこすらず優しく包むように水気を取りましょう。

また、洗顔前は必ず手を綺麗に洗って清潔な状態にしてから洗いましょう。

スポンサーリンク


気を付けておきたい食生活

肌のターンオーバーを促す効果のある栄養素や、肌の健康状態を保つ効果のある栄養素を含む、肌に良い食材を積極的に食べるようにしましょう。


ビタミンCが豊富な赤・黄ピーマンやビタミンAが豊富なレバーやうなぎ、他にも魚、肉、大豆製品などバランスよく摂取することが大切です。

また、胃腸に負担をかけやすい辛いものや脂っこいものばかり食べていると、胃腸の荒れが肌の健康状態に影響を及ぼし結果的に、鼻の横がザラザラする鮫肌になっていまうことがあるので控えるようにしましょう。


日ごろから好き嫌いをしていたり、コンビニ弁当ばかり食べたりしている人は食生活を一から見直す必要があります。


関連記事:Tゾーンがざらざらするのは鮫肌?ざらつきを解消する方法!

質の良い睡眠

夜更かしはお肌の天敵、というように睡眠をとることは肌にとってとても大切なことです。

ただ睡眠をとるだけでなく、毎日決まった時間に早寝早起きを心がけるということが大切です。


良質な睡眠は成長ホルモンの分泌を促し、新陳代謝の能力を高めてくれるので肌のターンオーバーが行われて綺麗な新しい肌に生まれ変わるのです。


このことは、鮫肌にも効果が期待できると言えます。

睡眠時間が確保されていなかったり、時間はあるけれど昼夜逆転の生活をしていたりする人は規則正しい生活に戻さなければいけません。

スポンサーリンク


医療機関での治療

健康に害を及ぼすような病気ではありませんが、どうしても気になる、という人は皮膚科で診てもらうのが良いでしょう。

ピーリングによる角質の除去や根本的な肌質の改善など、様々な対応をしてくれます。費用は掛かってしまいますが、専門の先生に診てもらうので安心です。


関連記事:オイリー肌は水分と油分のバランスが原因!改善する方法は?

最後に

健康に害を及ぼすような病気ではありませんが、かゆみがある人や手触り、見た目が気になるという人は今回紹介した方法を行ってみてください。

このようなザラザラする鮫肌は顔以外にも腕や足、おしりや背中など、体中どこにでもでることがあります。

一朝一夕に効果が出るとは限りませんが、洗顔方法の改善だけでなく生活習慣の改善など、日々の習慣として続けていく価値はあります。

また、治療を受ける気がなくても、かゆみなどがある人は一度皮膚科で診てもらうのも良いかもしれません。


肌のケアの仕方など、相談してアドバイスをもらうと良いでしょう。


そして、鮫肌は子供時代になることが多いので自分だけではなく、子どもの肌状態にも気を使ってあげてください。


心も体も著しく成長する大切な時期なので、食生活や睡眠のとり方は気を付けていてあげなければいけません。

洗顔方法や病院での治療を考えるだけではなく、自身や家族の生活習慣を一から考え直し、綺麗な美肌を取り戻しましょう。

スポンサーリンク



↓関連記事
おでこのテカリの原因は間違った洗顔?防止する方法!

おでこが汚い理由は?ざらざらを綺麗にする方法は?

顎にニキビがいっぱいできる!繰り返す原因とケアの方法!

肌のターンオーバーが乱れる原因3つ!こんな症状に注意!