最近では30代で結婚していない女性はたくさんいます。

ひと昔前までは20代前半の結婚が当たり前、20代後半だとギリギリセーフといった感じでしょう。

今は30代前半でもギリギリセーフな感じです。


たまに「なんでこの人結婚してないんだろう?」と思える美人な独身女性っていますよね。

普通に不思議過ぎて聞いてしまうものです。

そうすると返ってくる返事は決まって「出会いがない」です。


美人で本当に出会いがないのかと疑っちゃいますよね。

そんな30代美人が婚活で苦戦する理由を3つほど確認していきます。

スポンサーリンク


美人であるがゆえの悩ましい理由

美人でよくあるのが「男関係の噂」です。
 
一般的に男性側も美人の独身と出会うとそこらへんをまず気にします。

その理由がもっとも濃厚だからです。


世の中の美人さんがみんな男関係で悪い噂をもってるわけではないです。

大人なら「お遊び」の経験は1,2度ぐらいはある人が多いでしょう。


美人であるがゆえに若い頃は男が勝手に寄ってきてその回数が増えたり、もしくは本人にはその認識はないとしても、常に周りに男がいる環境だったということは多いでしょう。


美人だと得することはいっぱいです。やはり男性はブサイクより美人が好きなので、美人の人にはついつい甘くなりがちです。

そして、女性側が自分の美人を武器に甘えたら男性側はいちころでしょう。

そういった経験の中で、「あの人は誰にでも甘えるよ」と軽く見られがちになり、結果ちやほやされてもそれ以上の交際関係には発展せずに今にいたるといったパターンが多いです。


あとは、周りの女性の嫉妬もあるでしょう。

いつどんなときもちやほやされる美人をあまり良く思いません。


したがってありもない噂を流すことによってだんだん孤立させられたというパターンもあります。

そうなった美人さんは周りの女性に信頼を置くことが難しくなり、優しくしてくれる男性を頼ることになります。結果「男好き」というレッテルを貼られてしまうのです。

美人だからといって安易に結婚できる世の中ではないのです。

美人だからこそ男が逆に寄り付かない!?

美人はやはり男性からすれば射止めるハードルが高くなります。

イケメンなら同等なので問題はないですが、世の中イケメンだらけではないですからね。


どうせ自分なんか見向きもされないだろうと、アタックする前に諦める男性はたくさんいます。そいして最後に美人が残り、周りは暖かい家庭を築いているというパターンはたくさんあるでしょう。


あとは、美人を警戒する男性もたくさんいます。

自分に自信がない男性だと特にです。

変に振り回される恐怖、もてあそばれるだろうというネガティブ思考が働き最初から深い関係を築かないのです。

したがって普通の女性よりかは出合うきっかけが狭まってると言えます。

美人だからといってどんな人からもチヤホヤされるとは限らないのです。

スポンサーリンク


美人だからこそ持ててしまう崇高な理想

やはり理想が高いのも一つの理由でしょう。

理想が高い人は自分に自信がある人です。


美人なら自信は自然とでてきます。幼い頃から今にいたるまでずっと容姿を褒められて来たのですから。
 
そういった理想の高い人の思考はこの世に男は35億いる。まさしくブルゾンちえみ的感覚ですね。


その理想を捨てきれず、出合う先々の男性を物色している時期が長かっために独身状態から抜け出せないのでしょう。それが20代ならまだ許されますが、30代になってそんなことしてたら周りは普通に離れていきます。


しかし、美人は理想を捨てる事を諦めません。なぜならいつも男の方から寄ってくるからです。そういう人は気づいた時にはもう手遅れで、結婚を諦めるか、誰でもいいからと、急に必死になるはずです。

しかし、急に必死になったところで根本の思想が変わらない限り長続きはしないでしょう。

もちろん理想が高くない美人さんもたくさんいらっしゃいます。

まとめ

 
美人で生まれてきて得することはいっぱいあるでしょう。
 
しかし、人は老化します。どんな美人でもその老化をとめようと必死に努力します。それでも老けにはかないません。

せっかく美人なのに30代、40代と歳を重ね、老け顔になってしまい、一生独身なんてもったいないですよね。

中にはいろんな事情で独身でいる美人さんもいます。

バリバリ仕事をしていらいという人もいるでしょう。

やはり人は外見より内面ですね!

スポンサーリンク