浴槽


いつも綺麗に掃除しているつもりなのに浴槽にお湯を入れると、ちょっとザラザラすることがある…なんて経験はありませんか?

お湯を抜くと線状に水の跡が残っていることもあり、なんだかちょっと残念な気持ちになることがありそうです。


きちんと掃除しているのに…と思っている人に特に必見です。

ここでは、浴槽のザラザラした汚れの正体とその掃除方法をご紹介します。

浴槽のザラザラ汚れの正体は?

毎日綺麗に掃除している浴槽なのに、ザラザラ汚れって何?と思う人は多いです。

ザラザラ汚れは色がついていないことが多く、色がついていても白っぽい汚れでしょう。

この汚れの正体は、湯垢です。


単に湯垢と言いますが、主に石鹸の残りカスや身体から出た皮脂汚れ、水道水に含まれているカルシウムなどが混ざって出来たものです。


どれだけ綺麗に体を洗っても、どれだけ綺麗に浴槽を掃除しても、どうしても完全に取り除けない汚れはあります。

そういった小さな汚れなどが蓄積されていき、気が付けば浴槽のザラザラ汚れになってしまったりするわけです。

スポンサーリンク


浴槽のザラザラ汚れの掃除方法は?

浴槽のザラザラ汚れは、基本的に正しい掃除を行っていれば、できにくいものです。

多くの人は、お湯を捨てた後に、軽く浴室用洗剤をふりかけて放置し、その後にシャワーで洗い流すというのがほとんどでしょう。

しかし、それではザラザラ汚れの掃除としては不十分です。


まず、お湯を捨てた後、温度の高いお湯で綺麗に浴槽内を洗います。

この際、浴槽内の傷が付かないタイプの柄付きスポンジで軽く擦りましょう。

そのあとに、浴室用洗剤を吹きかけて擦ります。


カビなどの場合は「擦らなくても落ちる」ような宣伝文句の洗剤を使えば十分綺麗になりますが、浴槽のザラザラ汚れは、できるだけきちんとスポンジで擦りましょう。

十分に擦り洗いができたら、もう一度温度の高いお湯で洗い流しましょう。

これで浴槽内のザラザラ汚れは綺麗に取れます。


またザラザラ汚れに水垢が混ざっている場合には、クエン酸水が効果的です。

水とクエン酸を混ぜたものを、汚れ部分に振りかけ、30分程度放置します。

そして、その後に柔らかいスポンジで優しく擦って、シャワーで洗い流せば、ツルツルになります。


クエン酸の代わりにお酢でもいいです。ただし、お酢は臭いが強烈なので、しっかり換気するようにしましょう。

とは言っても、お酢の臭いは数時間程度で綺麗に取れますから、そこまで気にする必要はなさそうです。

スポンサーリンク


擦るのはめんどくさい!

浴室は暑いし、時間もないから擦るのはめんどくさい!というような人は、お湯を抜いた浴槽を熱い温度のシャワーで洗い、浴室用洗剤を汚れ部分に付けたらその上からパックするようにキッチンペーパーなどをつけて、5分ほど放置しましょう。


その後に、手袋などを着用して、キッチンペーパーを取り除きます。

この際に、軽く擦りながら取り除くと良いでしょう。

そのあとに、温度の高いシャワーで洗剤を綺麗に洗い流せばいいでしょう。


この方法はとても簡単ですが、キッチンペーパーが浴槽内に残ると排水溝の詰まりの原因となりますので気を付けたいです。

また、浴槽を傷めやすいので、注意しましょう。


掃除には重曹!と言いますが、浴室や浴槽では、できるだけ重曹は使用しないほうがいいかもしれません。


重曹は頑固な汚れを取るために効果的なアイテムですが、研磨剤の役割を果たしますから、小さな傷が付いてしまい、その傷の間に汚れ成分が入り込んでしまうと、落ちない汚れとなってしまったりします。


最悪の場合、浴槽を取り替えたり、浴室のクリーニングを業者に頼まなければいけないことにもなりかねませんので、注意しましょう。


関連記事:ヘアカラーで浴室が汚れた!色が落ちない時の対処法!

浴槽のザラザラ汚れを予防したい!

浴槽のザラザラ汚れの掃除方法より、浴槽のザラザラ汚れができないように予防したい人のほうが多いかもしれません。

一度してしまえば、慣れて出来るような予防方法をご紹介します。

乾燥させることは大切

浴槽内の汚れ防止だけでなく、浴室全体の汚れ防止、カビの発生防止には、一番大切なのが乾燥させることです。


換気扇をつけているから大丈夫!とか、窓を開けているから問題ない!と思われがちですが、浴槽内の汚れは、目に見えないほどの早さで発生します。


そのため、お風呂上りにきちんと乾燥させることが大切です。

高温多湿な場所だと、カビの発生や菌の繁殖が増えますから、お風呂上りに一度熱いお湯で浴室全体を洗います。

その後に、冷水で綺麗に洗うことで、高温を避けます。


そして、体を拭き終えた後のタオルや、雑巾でもいいので、綺麗に浴室内の水気を拭き取りましょう。


関連記事:お風呂のオレンジや赤い汚れが頑固!取れない時の掃除方法!

最後に

浴槽の汚れ防止の基本は、高温多湿な環境を作らないことです。とは言っても、密室で熱いシャワーを使用しますから、どうしても高温かつ多湿な環境になります。

予防には、とにかく換気と乾燥が一番です。

スポンサーリンク