女性の背中


女性なら特に悩まれることの多いムダ毛や産毛のトラブル。

手と足の処理なら簡単に対処できるところですが、背中の脱毛は自分一人で処理するのは少し困難なところでありますし、危険でもあります。


なかには生まれつきに、毛が薄い人や産毛がほとんど目立たないなんて人もいますが、実は産毛が濃くなる人、薄い人にはそれぞれ異なった特徴があるのです。

毛に関しては、ホルモンのバランスや食べるものが大きく左右していることが多いのです。


この記事では、産毛が濃くなる原因や、背中の産毛をどうやって自分で綺麗に処理することができるのかをお伝えしていきたいと思います。

そもそも産毛が濃くなる原因って?

産毛が濃くなる理由は色々ありますが、ホルモンが一番関係していると言えます。

女性ホルモンが減少し、男性ホルモンが優位な場合にムダ毛や産毛が濃くなる傾向があります。

女性ホルモンを優位にするには、食べ物である程度調整することができます。

女性ホルモンに良いとされる人気な食べ物は、大豆イソフラボンやザクロなどです。

これらに含まれる女性ホルモンと似た働きをする成分が、女性ホルモンの働きをうまく調整してくれるのです。

摂取するだけで、もしかしたら女性ホルモンが優位になり、産毛を薄くしてくれるかもしれません。

アレルギーがない場合のみの話ですが、大豆イソフラボンやザクロを積極的に摂取することをお勧めします。

背中の産毛対策アイテムを活用しながら女性ホルモンも同時にうまく調節していくことができれば、悩みの原因である産毛をだいぶ目立たなくしてくれる可能性があります。


関連記事:美女は後ろ姿も綺麗!ザラザラした背中をすスベスベにする方法!

スポンサーリンク


背中の産毛を自分で処理する方法は?

背中の脱毛方法はいくつか存在しますが、自分で処理するとなるとどうしたらいいのか戸惑う女性はたくさんいます。

サロンに通うという方法が一番安全で綺麗に脱毛できる手段ですが、金銭面や通いの問題を考えると自分で処理したほうがいいと思う人は多いでしょう。

背中を脱毛するには、いくつか適した方法がございます。

例えば
  • シェーバー
  • 脱毛用タオル
  • 除毛クリーム
  • カミソリ

となりますが、これらは全て背中用で対応できるものを手に入れる必要があります。

背中用であれば安全にご使用いただけますが、人によっては合う合わないがでてきたりすることもあります。


毛が濃すぎる場合は、脱毛用のタオルを使用しても、それほど効果が期待できない場合が多いです。

カミソリも背中用であれば安全ですし効果が期待できるのですが、背中というのは自分の目で直視できないところが難しい部分です。


これらの事を考えると、綺麗に背中全体を脱毛するためには除毛クリームがオススメです。

除毛クリームであっても背中全体に塗るのは少し大変だと思いますが、使用後はきっと綺麗に脱毛できているのを感じるでしょう。


正し除毛クリームは薬品であるため肌が弱い人だと、肌が荒れてしまうこともありますのでその点は注意が必要です。


関連記事:毛深い女性は嫌だと感じる人は多い?自分で綺麗にできる方法は?

スポンサーリンク


背中の産毛を自分で処理するメリット・デメリット

脱毛自己処理のメリット、デメリットは使うアイテムによって違います。

上でも出てきました「シェーバー」「脱毛用タオル」「除毛クリーム」「カミソリ」についてそれぞれメリット、デメリットを見ていきましょう。

脱毛シェーバー

★メリット
  • 時間をかけずに短い時間で処理が可能
  • カミソリと違って刃が直接肌に触れないので肌に負担がかかりづらい
★デメリット
  • シェーバーで綺麗に処理をしてもすぐにまた毛が生えてくる
  • 使う頻度が多くなると肌に負担をかけてしまう

除毛タオル

★メリット
  • タオルで気になる産毛の部分をこする単純な作業ですむこと
  • 普通のボディタオルと価格に差がなくお手ごろに手に入れられる
  • 背中を洗うイメージで使ってもらうだけで処理が簡単
★デメリット
  • 特に毛が濃い人にはあまり効果がでません

除毛クリーム

★メリット
  • 毛穴の奥まで綺麗に溶かしてくれるので、カミソリやシェーバーの時のように若干毛がチクチク残ったりしないで綺麗に仕上がります
  • カミソリのように肌を誤って切ってしまう恐れなどがありません
★デメリット
  • 脱毛クリーム剤の説明書を読んだり、準備するのが面倒
  • 独特な強い臭みがある
  • 毛を溶かすくらいの強い成分が含まれているので肌に合う合わないがある
  • かゆみを引き起こす事もある

カミソリ

★メリット
  • お金があまりかからない
  • 好きな時にいつでもできる
★デメリット
  • 背中を直接見て行うことができないため、ムラに仕上がる可能性がある
  • 見えないために背中に怪我をおわせる事もある
  • 剃った皮膚の場所が炎症を起こす事がある

この様にそれぞれに、メリット・デメリトとがありますのである程度は、自分に合った方法を探していく必要があります。


関連記事:カミソリ負けでヒリヒリする女性必見!原因と簡単な治し方!


背中の産毛を処理する4つのアイテム

ここまで背中の産毛を自分で処理する方法を見てきました。

ネット上などでは人気の商品もありますので、それらもいくつか見てみましょう。

コジット:背中エピローラー

コイルに産毛をはさんでからめ取ってあげるイメージです。

持ち手が長いので背中の処理が容易くこなせます。

3つのコイルがついているので悩んでいた原因の産毛を細かく処理できます。


関連記事:埋もれ毛の放置はNG?できる原因や治し方も気になる!

貝印カミソリ:キャミ剃ーる

普通のカミソリなら肌を傷つけてしまうリスクが高いのですが、このキャミ剃ーるなら上下の2ヶ所にガードとローラーがついているので、T字のカミソリであっても、安全に使用することができるのです。

持ち手が長いので無理して悪い体勢で剃ることなく簡単にできます。

ビタミンEが配合アロエスムーザーもついているので、スキンケア効果も期待ができるのです。

ベルメゾン:コロコロ脱毛

埃や小さなゴミを取るコロコロローラーのようなスタイルの脱毛ワックスです。

背中だけでなく足や腕にもご使用いただけるのがポイントです。

はちみつ成分が含まれているので肌にも優しく安心して利用できるのです。

ラヴィア:Sラインシェーバー

背中の脱毛自己処理に適している女性用のシェーバーアイテムですが、それ以外の場所でも使用できるというところが魅力的です。

悪い体勢を取る必要なくすみずみを綺麗に脱毛してくれます。


関連記事:太ももの赤い毛穴を消したい!自分でできる治し方4選!

まとめ

背中の産毛の自己処理対策をいくつかご紹介しましたが、いかがでしょうか?


最初は自分に適したものを見つけるのに苦労されるかと思いますが、必ず自分にあった方法を見つけられる時がくるでしょう。


最終的に一番効き目の高い脱毛法とは何かと悩まれる方が多いと思いますが、人の毛の生え方や肌の調子も関係してくるので一概にどれが1番か決めるのは難しいところです。


しかし、長期的に綺麗でいたい方や、毎日の処理が面倒で仕方がない方達には、やはりサロンが一番オススメです。

ムラなく綺麗に仕上げてくれて、面倒くさい毎日の作業を減らしてくれます。

それでも自己処理で頑張っていきたい人たちのために今回はここで背中の産毛自己処理をご紹介してきましたので、ご参考になればと思います。

スポンサーリンク