スキンケア


夏も終わりかけ、次第に気温も少しずつ下がり始める秋は、まだまだ日差しの強い日が続いているので油断はできません。


秋のスキンケアは、紫外線の強い夏の日々を乗り越えてきた、お肌に対するお手入れと、これから到来する冬の乾燥からお肌を守るために、やらなくてはならないことが沢山あります。


一度ここでスキンケアの方法を見直してみましょう。

この記事では、秋に行うべき効果的なスキンケアの方法や、お肌にとって秋にしておくべきことを紹介します。

スポンサーリンク


秋の肌の状態は?

秋になると少しずつ日照時間が短くなり、次第に温度も低くなり朝晩は少し肌寒くなってきます。

そんな季節の変わり目、温度差に振り回されて風邪などで体調を崩す人が出てきます。


肌も同じで季節の変わり目にはストレスを感じ、肌トラブルが起こりやすいのです。

夏の間に蓄積された紫外線によるダメージがじわじわと肌をむしばんでボロボロの状態で、そんなところに冬の乾燥のダメージを受けてしまえば、被害は深刻なものとなるでしょう。

夏を乗り越えて一安心したいところですが、秋こそしっかりとスキンケアを入念に行う必要があります。

秋のうちにしておきたいこと

普段行っているスキンケアはもちろん、秋だからこそ徹底しておきたいスキンケアがあります。

夏の紫外線のアフターケアとこれから来る冬への対策を行い、万全の状態で冬に挑みましょう。

古い角質とさよならして新しい肌へと生まれ変わる

肌の表面層にある角質は、紫外線や外部からの刺激から身を守ってくれています。

また、肌内部の潤いを外に出さないよう閉じ込める役割も担っているため、乾燥が心配な冬にはとても心強い味方になるのです。


そんな角質ですが、夏の紫外線のダメージでボロボロになったままでは、正しい機能が発揮できません。

そこで古い角質を落とし、新しい角質に生まれ変わるために肌のターンオーバーが必要となります。


ここで注意しなければいけないのが、ピーリングやスクラブなどはかえって肌に刺激を与えすぎてしまうため控えなければいけません。

肌のターンオーバーを促進するためには、古く硬くなってしまった角質を柔らかくするための保湿をしっかりするだけで十分です。


また、睡眠と肌の健康とは深い関係があり、肌のゴールデンタイムと呼ばれる午後10時~午前2時の間はできるだけ睡眠をとれるよう心がけましょう。

成長ホルモンの分泌が促され、肌のターンオーバーが活発になります。寝るだけで新しい肌へと生まれ変わるのです。


関連記事:肌のターンオーバーが乱れる原因3つ!こんな症状に注意!

基礎化粧品を季節に合わせて衣替えをする

一年を通して気候や気温などから四季を感じることのできる日本では、季節の変わり目には前のシーズンの服をしまって、これからくるシーズンの服を出してくるという衣替えがあります。


化粧品も同じで、湿度や気温の高い夏に適したものと乾燥や寒さが厳しい冬に適したものなど、それぞれの環境に合わせた化粧品があります。

夏にはUVカット効果のあるさらっと使用できるタイプのものを、冬には乾燥に負けない保湿効果のあるしっとりとしたタイプのものを使用すると良いでしょう。

スポンサーリンク


夏の汚れを綺麗に洗浄しておく

夏の暑い日差しの中、汗でメイクが流れるのを防ぐためにウォータープルーフなどのとれにくい化粧品を使用してはいませんでしたか。

また、暑いからと言って冷たい水での洗顔も冬に向けて改善しておかなければいけません。

クレンジングや洗顔の際は基本的に30度~36度くらいのぬるいお湯で行いましょう。


汚れを落とそうとして熱いお湯で洗顔してしまう、と必要な油分まで失われて肌の潤いが外へと逃げてしまうので要注意です。

そして、洗顔の後はすぐに保湿を行いましょう。

急激な冷えに注意する

夏が終わると天気の悪い日も増えてきて、気温もいつの間にかぐっと下がってきます。

夏に来ていた服装のままだと首元がぐっと冷えて顔周りの血行も悪くなってしまうため、肌の健康に悪影響を及ぼすこともあります。

朝晩冷えて昼間暑くなることがあるので服装に迷う時期ですが、ストールなどを持ち歩いて女性の天敵でもある冷え対策もしっかりとしておきましょう。


関連記事:オイリー肌は水分と油分のバランスが原因!改善する方法は?

最後に

様々な季節の違いが魅力の日本ですが、時として私たちの肌には厳しい環境となることがあります。

それぞれの季節に応じた対策をしっかりと行わなければなりません。

秋はあっという間に過ぎ去ってしまいますが、この短い期間のうちにしっかりと夏に受けたダメージの補修を行い、保湿と乾燥対策で厳しい冬を乗り越えられるようにしましょう。

スポンサーリンク