サンダル


暑い日などにサンダルで出かけようとして気が付く、くるぶしにある黒ずみ・・・。

せっかく買った可愛いサンダルも履けそうにないくらいショックです。

意外と誰にでもくるぶしに黒ずみがありますが、一体これは何が原因なのでしょうか。


この記事では、カサカサするくるぶしの黒ずみの原因や今すぐ簡単にできる改善方法を解説していきます。

スポンサーリンク


くるぶしが黒ずむ原因は?

摩擦や刺激

くるぶしが黒ずむ原因として一番多いのは、摩擦などの外部からの刺激によるものがあります。

そもそも皮膚は、外部からのあらゆる刺激に対して防衛機能が働きます。

例えば皮膚が傷付いてしまうとその分を修復しようとします。


こういったときに身体から分泌されるのがメラニンというものです。

このメラニンは皮膚の防衛・修復機能があり、身体にとっては必要不可欠なものです。


そのメラニンは、皮膚が修復されたり外部からの刺激が無くなれば、肌のターンオーバーの周期に従い、老廃物と一緒に排出されますが、刺激が続いていたり皮膚の修復が長期間続く場合は、メラニンはどんどん生成・分泌され続けます。


すると残っていたメラニンが色素沈着を起こし、それが黒ずむ原因となるのです。

くるぶしは、正座した時に地面と摩擦が起こったり、靴や靴下との摩擦などの外部刺激から、ほぼ常にと言っていいほどにメラニンを生成・ 分泌し続けている部分です。

そのため、気が付かないうちにくるぶしに黒ずみが出来てしまいます。


関連記事:膝の黒ずみが汚くてスカートがはけない!綺麗にする方法は?

乾燥肌

乾燥肌の人は、刺激をダイレクトに受けやすくなります。

というのも、乾燥している肌は、皮膚を守るための皮脂が少ない状態です。

そのため、皮脂により守られるはずの刺激も守られることがないために傷付きます。


それを防ごうと、活発になった皮膚表面が様々な分泌を行う活動を始めるために肌荒れを起こしたり、メラニンによる色素沈着が起こり黒ずんでしまいます。

意外とくるぶしは、誰でも乾燥しやすい部分ですので注意が必要です。

日焼け

日焼けにより、黒ずみが出来ることは知っている人は多いです。

しかしなぜ日焼けしにくい、くるぶしが日焼けにより黒ずんでしまうのでしょう。


実は、くるぶしは靴下や靴、ズボンの裾などで日焼けをしにくいと思っている人が多く、その分日焼け対策を行っている人が非常に少ないです。

紫外線を浴びても何の対策も行っておらず、その後のケアも行うことがほとんどないですから、当然日焼けによりくるぶしが黒ずむこともあります。

血行不良

血行不良は黒ずみの原因です。

血行が悪いと、肌が全体的にくすんでいて、いわゆる「顔色が悪い」とか「肌の色が悪い」というような状態になります。

これは、血行不良から、決帰依の流れが悪くなったり血液自体がドロドロとしているために、皮膚を通じて肌表面にその血液の循環の悪さがにじみ出てしまっているのです。


関連記事:二の腕の肌荒れを解消する方法!小さい赤いブツブツの原因!

スポンサーリンク


くるぶしの黒ずみを解消する方法!

ピーリング

くるぶしの黒ずみを解消させる手段として、病院で治療を行う方法があります。

美容外科や皮膚科などで行うことが出来るものです。


くるぶしの黒ずみは、身体の他の部分よりも長期間かけて黒ずんでいくものですので、短期的に綺麗に黒ずみを解消させたいならば、病院でピーリングを行うことが一番いい方法です。

しかし病院で行うために時間と費用がかかるというデメリットがあります。


関連記事:ピーリングで肌荒れが起こる?正しい頻度やタイミングは?

黒ずみ専用クリーム

世の中には黒ずみ解消の専用クリームがあります。

これは、くるぶしの黒ずみによく聞くクリームです。

例えば自分で黒ずみを解消する時間も知恵もない、しかし病院に行く時間や費用もないという人にオススメです。


例えば「LusTer(ラスター)」という商品は、膝下の美白に効果が期待でき、購入者の91.8%がリピート買いする商品です。

病院ほど短期間で効果は出ませんが、しっかり使用することで黒ずみが解消される画期的なアイテムです。

しかも、30日間の返金保証もついていますので安心して試してみることが出来ます!!

LusTer(ラスター)公式サイトはこちらをクリック↓↓


摩擦や刺激を避ける

やはり常日頃から摩擦などの外部刺激を避けるようにしましょう。

例えば、くるぶし丈の靴下をやめてしっかり足首まで覆う靴下を着用したり、正座やあぐらなど、くるぶしが床と当たるような座り方を控えましょう。

また靴もハイカットタイプの靴ではなく、出来るだけくるぶしが当たらないような靴を履くことが望ましいです。

入浴時なども、ゴシゴシと強く洗うのではなく、泡を立てた石鹸で優しく撫でるように洗うのがポイントです。

日焼け対策を行う

くるぶしと言えば、紫外線の影響は必ず受けます。

そのため、くるぶしも忘れずに日焼け止めクリームを使用するようにして、入浴後などはしっかり保湿クリームなどを使ってケアを怠らないように心掛けましょう。


関連記事:胸元のニキビで見た目が気になる!跡が残らない治し方は?

マッサージをする

軽くくるぶしをマッサージすると血行不良が解消されます。

特に足首周辺は一日の疲れが出やすく、血行不良になりやすい部分です。

そのため、入浴時などにさやしく撫でるようにくるぶしから足首周辺をしっかりマッサージしましょう。

時間があれば、ふくらはぎもマッサージするとより効果的です。


関連記事:肌のターンオーバーが乱れる原因3つ!こんな症状に注意!

最後に

くるぶしの黒ずみやカサカサは、気が付かないうちにどんどん進行します。

進行を防ぐためにも、しっかりケアを行いましょう。


今は黒ずんでいなくても、実は黒ずみ予備軍である可能性もあります。

「大丈夫」と過信せず、日頃からきちんと対策とケアを行うことで、くるぶしの黒ずみ予防・解消が期待できます。

スポンサーリンク