指


瞬間接着剤ってとっても便利ですよね、壊れたアクセサリーを補修したりDIYに使ったりと用途は様々です。

そんなとっても便利な瞬間接着剤ですが、指に付いてしまって…なんて事ありますよね。


見た目にも良くありませんし、料理をする人には不衛生なので何とかしたいと思うのではないでしょうか。

専用の『はがし液』を購入していれば良いですが、買っていなかったり切らしてしまったり…なんてことはよくあります。


しかも、修理していた時間が夜中だったりすると修正したくても修正できなくて慌ててしまう事になってしまうかもしれません。

そんな時に家にあるもので対応して、手や爪についた瞬間接着剤を落とす方法を紹介します。

瞬間接着剤が指や爪に付いたときの対処法

まずは除光液を試してみる

瞬間接着剤は『シアノアクリレート』という化合物が主成分です。

そして、その『シアノアクリレート』を分解するには『アセトン』という成分が必要です。

『アセトン』とは『極性有機溶媒』で脂溶性のものを溶かす力があり、家庭の中で身近には『除光液』(ネイルリムーバー)に含まれています。


方法は簡単で瞬間接着剤が付着した部位に『除光液』を付けて、数分放置してから少しずつ剥がしていきます。

この方法は『直ぐに綺麗に剥がせる』と言うメリットがあるので、時間が無い人にはオススメです。


しかし、前述した通りに『除光液』が含む『アセトン』とは『極性有機溶媒』で脂溶性のものを溶かす力あるため敏感肌の人や皮膚が弱い人には不向きな方法です。


また、使用する場合は、必ず換気を行ってから使用するようにしましょう。

気化しやすく、吸い込むと気分が悪くなってしまう可能性があります。

また、引火しやすいので火気などの近くでは行わないでください。

上記の様な理由から子供だけで取り扱うのも危ないので、保護者と行うようにしてください。

スポンサーリンク


意外と40度ぐらいのお湯で落とせる?

『除光液』で剥がす方法は、肌が荒れてしまう可能性があるので肌が弱い人にはオススメ出来ません。

また、『除光液』を使わない家庭(男性単身者家庭やマニキュアをしない女性の家庭など)の場合は『はがし液』を購入しに行くのと同様に直ぐに対応することが出来ません。

では、家庭にあるもので直ぐに対応するならばどのようにすれば、良いのでしょうか。

それは、簡単です。


洗面器やボウルなどに40℃ぐらいのお湯を溜めてください。

そこに手を入れ優しくもみ洗いをしてください。驚いてしまうと思いますが貴方が想像するよりも簡単に接着剤が綺麗に剥がれます。

急がないならば諦めて時間に任せる

肌を傷めたくない場合もあるかと思います。

急を要しないならば乾かして放置してしまうのも1つの手段です。

何故ならば付いた箇所によっては慌てふためいた方が床や壁、扉になどに付けてしまい二次被害を広げてしまう可能性があります。

こう言う場合は、まずは落ち着くことが大切です。


瞬間接着剤が付いてしまうと慌ててしまうものですが、皮膚は入れ替わるものなので程なくして綺麗になります。

ですので、被害を広げないように『乾かす』と言うのも大切な事です。

しばらくすれば表面の細胞と一緒に綺麗に剥がれ落ちてしまいます。

綺麗に落とした後はしっかりとケアをする

瞬間接着剤を落とした!と、安心するとそのまま作業に戻ってしまおうとしたり、休憩しようと考えてしまったりするかもしれませんが注意が必要です。

そのままにしておくと肌荒れの原因となってしまう可能性があります。

まずは、しっかりと石けんなどで手を洗ってから、ハンドクリームなどを使用してケアするようにしましょう。

これくらい大丈夫と油断してしまうと折角綺麗に剥がしたのに、肌荒れしてしまい気分がげんなりしてしまう可能性があります。

是非とも最後までしっかりケアする様にしましょう。

まとめ

とっても便利な接着剤ですが、指に付いてしまうと途端にブルーになってしまいますよね。

そう言う時は事前に除光液やお湯を用意して「指には、付いてしまうものだ。」と考えて使うと気分が楽になりますよ。

スポンサーリンク